スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神の教え


先日パワースポットの天河大弁財天社に行ってきた。

水商売の神様と言われ、音楽や芸能関係の人も多く訪れる場所。


詳しくは別のブログに書いてます。
http://s.ameblo.jp/mar23io/entry-11515979940.html


2年前に行ったとき、その後に受けたオーディションに受かったこともあって、お礼参りの意味合いもあった。


しかし、正直言うと、すがりたい部分が多かった。



今の仕事からもう一つステップアップしたい。

「芸能の仕事だけで食べていけるようになる」

と言う目標にはまだまだ到底たどり着けそうもないのだ。


周りと比べても仕方ないのは分かっているし、
今ある仕事を精一杯やらせて頂く、これも当たり前のこと。


ただ何だか分からない不安や焦りが日々襲ってくるのだ。



何となく頭の片隅にあって、行かなきゃと思っては消え、の繰り返しだった天河に行ける時間ができた。


行くべき時でないときはたどり着けないという噂もある。

ビビりながら車を走らせ、ようやく到着。

お参りを済ませ、お守りを買い、前回のものを返す。

そして、一応、おみくじを引く。



これを開いた瞬間、動けなくなった。





~神の教え~

難儀苦労ある時ばかり神の御袖にすがる気か

難儀の時の神だのみ、平素は一向に振り向きもしないで、人の力の及ばぬ苦しみに行き合わすと、俄かに神様神様とさわぎ立てる。神様も可哀想だと思し召し御助けなさって下さるでしょうが、私共は平素から神様を敬い其御心に叶う様正しい行いをしておかねばならぬ。



脳天直撃セガサターン…

「わなわなする」って状態を初めてリアルに体験した。



今思えば誰にでも当てはまることなのかもしれない。

だけど、"あの時あの場所で"読んだからこそ、動けなくなるほどに衝撃を受け、自分の弱さを突きつけられ、考え方を改めさせられた気がした。


さらに「恋愛」の欄には

【顔によらず心を選べ】


ねぇ、なんで?どうして?知ってるの??



完全ガクブル状態。((((;゜Д゜)))←こんな感じ


そのお守りを投げ捨てて帰ってしまいたかったけど、これは忘れてはいけない、自分の戒めなんだと、財布に入れて持ち帰ることにした。



帰ってきてから、新しい出会いと嬉しい再会があったり、仕事をもらえそうだったり、動きが出てきてる。


でもどんな状況でも、
今回頂いた「神の教え」を忘れずに精進していこう。




たかしま まりお

続きを読む

大きい顔が流行る日

阪急梅田茶屋街口界隈では、タカラジェンヌをよく見かける。

まだタカラジェンヌにはなっていない卵たちかもしれないが、放つオーラは十分。


髪型はもちろんショートカットで金髪、中折れハットを被り、
パンタロンっぽくて皮かジーンズのパンツをその長く細い脚にピタッと履き、
背筋をピーンと伸ばして大股で、且つ、華麗に風を切って進む。


スタイルが良いのは当たり前だが、タカラジェンヌを見ていつも思うのは「小顔が過ぎる」ということ。


「そのハット、デカくない?」
ってくらい顔が隠れるのは、顔が小さいからだ。
単なる小ささではない、かなり小さい。


顔の大きさに関しては、少々思うところがある。

たぶん、大きい方ではない。
だが私は身長が175cmあり大柄だ。
単純に比較すると、小柄の人よりも顔は大きい。


私を、‘遠目に単独’で見てもらえば、普通かもしれない。

しかし世間は私を‘遠目に単独’では見てくれない。

小柄のタレント仲間と写真を撮るときには顔を寄せるし、
テレビに出る時だって、一人後ろに下がって遠近法を使うわけにはいかない。


極端な話、小顔なら

目が離れて口が大きくても「エキゾチック」
眉毛が極太で目が細くても「ミステリアス」

なんとでもプラスに表現される。

装苑とかVOGUEの表紙モデルの感じ。


でも大きい顔だったら?

答えは「ブサイク」・・・の可能性が高い。


顔の大きさは、産まれ持ってだからどうしようもない。
メイクでカバーしようとしても、目の大きさは自由自在の読モでもお手上げだろう。


ダイエットをして細身になれても、小顔にはなれない。
これは血統だ。遺伝だ。ジタバタしても仕方ない。顔の骨格は整形しないと変わらない。


この対応策は、「大きい顔の方が良い」ということを流行りにするしかない。


かつてはアムラーと呼ばれた安室奈美恵さんの細い眉毛を真似る人がいたように、
ガングロと呼ばれる日に焼けたギャルたちが増加したように、
最近では、眉毛は太く、ナチュラル(に見える)メイクが流行っているように、
いつか大きい顔が流行となり、陽の目を見る日が来ることを祈るばかり。

そしたら小顔の人は大きな顔に見えるメイクとか
(どうするんだろう?アゴに膨張色を塗る?)
髪型をとにかくボリューミィにするとか、
こぞって雑誌で「大顔に見えるメイク術」が取り上げられるのだろうか。。

いや、何だか楽しそう。
今までにない、ファッション誌が見ることが出来るかもしれない。

VOGUEさん、大顔旋風巻き起こしませんか?


そしたら私も怯むことなく、ガンガン前に出るのに。



たかしま まりお
プロフィール

まりお

Author:まりお
「“フリ”ライター」高島まりおです。

気になる方へインタビューし、記事を書いていきます。
その他、面白いこと、楽しいこと、興味あることを中心に、綴っていきます。

月一でインタビューイベントを開催しています!
「フリライターまりおの取材してるふり。」

イベントと記事(ブログ)連動していますので、こちらも是非チェックをお願いします。


目指すは…Sex And The Cityのキャリーブラッドショー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。