スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家探しと引越しと恋愛と。

友達が引越しをすることになった。

私のように必要に迫られてではなく、2年住んだから…今の家、湿気が多いから…という理由で。


(私は友人の親から部屋を借りていて、その部屋を売ることになったので引っ越すしかなかった。必要がなければ今もそこに住み続けていただろう)


以前、こういう話を聞いたことがある。


「引越しができる人は、離婚もできる」


この説にはわりかし同意できる。



引越しには莫大なエネルギーがいるからだ。

家を決めること、荷物を整理し、大量に捨て、段ボールに詰め、(業者が)運び、荷ほどきをする。
新しい家の家具の配置を考え、荷物を片付け、足りない家具を買い、新しい環境に慣れる。


そして離婚は引越し以上のエネルギーがいると思う。(離婚は引越しも伴う場合が多いし)
物理的な苦労だけではなく、精神的にもダメージを伴うことが想像に難くないからだ。

だが、行う「作業」としてはとても似ている感じがする。


引越しが苦にならない人、もしくは自らが選んで引越しする人、
さらには引越し好きと公言する人なんかは、離婚もさらっとやってのける人だと思ってしまう。


私にとっては、どちらも煩わしいものだ。


私は引越し経験者として(あくまでも仕方なくね)思うことは、もう引越ししたくない。
だから、今の新しい家は結構気に入っている。私は依存するタイプなのかもしれない。



一方、私の友達はよく引越しする。知っている限りで5年で3回はしている。
そして驚くほど決断が早い。家を決めるまで、たった2週間ほどだった。


私は家を決めるまで2ヶ月くらいかかったし、不動産会社は3つ回ったし、20部屋以上内覧した。

なぜ時間がかかったかは明確だ。
予算・広さ・間取り・駅からの距離・築年数・設備(セキュリティ、空調など)・・
どの条件もそれなりに良いものを求めたからだ。

そして、いよいよ不動産会社の人に
「優先条件を整理して下さい。でないとあなたの予算では全てを満たす部屋はありません。
 私だって出来るだけお客様のご希望のお部屋をご紹介したいのですから…。」
とまで言われた。
何かを選び、何かを捨てろということだ。今、私は決断を迫られている。
隣はカップル、反対隣には学生とその母が座る不動産会社のカウンターでひとり、考えに考えた。


苦渋の決断で選んだトップスリーはこれだった。

1.広さ、2.間取り、3.築年数



このときなぜか私は、自分の恋愛がふと脳裏を過ぎった。


条件を捨てられない、希望を曲げられない私。


男性を見る(つまり選ぶ)とき、

顔は好みだけど、年齢が…とか、
身長は高いけど、真面目すぎるな…とか、
話は面白いけど、ファッションが…とか、

マイナスの条件を見つけるとシャットアウトしてしまう傾向がある。
ものすごく高望みなわけじゃないのに、細かいところが気になってしまう。


これが高望みっていうのだろうか?


だから家探しと恋愛がリンクした。

家は自分の持つ予算よりもレベルの高いものを求めていた(不動産会社によると)。
これは、恋愛においても自分のレベルよりも高いものを求めている(自覚はないが客観的に見ると)ということになるのではないか。


家探しにおいて、結局何を妥協したかと言うと、
「予算」と「駅からの距離」である。


人に当てはめると、どの条件になるだろう。


広さ→身長
予算→年収
間取り→顔
駅からの距離→家族構成
築年数→年齢
設備→性格


こんな感じであろうか。
私は、「年収」と「家族構成」を妥協した…ことになる。
貧乏でも顔や身長や年齢を取るという、ヴィジュアル至上主義の女だ。
(あくまでもこの見解で言うと)



一方、友達は家を決めるのが早いので、恋に落ちるのも早いということになるが、
私の知っている限りそうでもなさそうだ。一つ言えるのは、ヴィジュアル至上主義ではない。

ただ、「引越し=離婚」については彼女も同意していて、
まだ結婚もしていないのに、「私は離婚できるタイプ」と明言していた。


今までの考察を参考にして当てはめてみると、
私は家探しと同様、恋愛に至るまでは時間がかかりそうだ。
さらに、ヴィジュアルが何よりも大事ということになる。
しかし、引越しは好まないことから、恋愛したら依存するということになる。

なんと嫌味な女だろう・・・
なんと面倒くさい女だろう・・・



この考察が正しいかどうかは、恋愛をしないことに立証できないが。




たかしま まりお
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まりお

Author:まりお
「“フリ”ライター」高島まりおです。

気になる方へインタビューし、記事を書いていきます。
その他、面白いこと、楽しいこと、興味あることを中心に、綴っていきます。

月一でインタビューイベントを開催しています!
「フリライターまりおの取材してるふり。」

イベントと記事(ブログ)連動していますので、こちらも是非チェックをお願いします。


目指すは…Sex And The Cityのキャリーブラッドショー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。