スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紆余曲折の強運フリーライター

 2回目の取材(…と言っても前回の取材と同じタイミングで行ったので、実質は1回目と言ってもいいのだが)は、やはりお世話になっているフリーライターさんにお願いした。

 つまりは、新聞記者OさんとフリーライターMさんと私の3人で飲んでいた時に、強引に取材させてもらったというわけだ。


フリーライターのMさんとは、ヴィッセル神戸の取材で知り合った。
サッカーについての知識はないが、勢いだけはある私の質問攻撃にいつも丁寧に対応してくれる。
 それに、そんなつもりはなかったのだが、取材帰りによく駅まで車で送ってもらっていたら(ヴィッセルの練習場から駅まではかなり遠い)、他の記者さんから私がMさんを「アッシー」に使っていると言われた。

つまりは、優しくて、腰が低くて、お願いされるとNOとは言えない、めちゃめちゃいい人なのだ。

Mさんとは取材でよく顔を合わせるし、一緒に飲んだこともあるが、自身についての詳しい話を聞いたことはなかった。

取材前のMさんの情報としては
「以前はサッカーの専門誌で記者をしていた、実家が小売業、セレッソ大阪の取材も担当している」くらい。


やはり気になるのは、「なぜライターになったのか」ということ。
手始めに聞いてみると、私の頭には99.9%なかった答えが返ってきた。


「アナウンサーになりたかったんです...」


 たまに私のラジオ番組にも出演してもらうことがあるのだが、お世辞にも流暢に話すタイプではない。二言目には「すいません、口下手で…」と発するほど。そんなMさんがアナウンサーになりたかったなんて。思わず「ウソでしょ!?」と居酒屋で叫んでいた。

 Mさんはもともとスポーツが好きで、それに関わる仕事がしたかった。
 アナウンサーになると決めたきっかけは、1988年10月19日川崎球場で行われた近鉄対ロッテ戦2試合目でのABCの安部憲幸アナウンサーの実況に衝撃を受けたことだった。私は全く知らなかったが、当時ダブルヘッダーと言う1日に2回試合がある無茶な日程があり、7時間33分の死闘の末、伝説と言われる大勝負が生まれた。試合している選手たちはもちろんだが、アナウンサーにとっても優勝を決定する大一番で実況することはプレッシャーであり、印象に残るに違いない。
 とは言え、野球選手ではなく、アナウンサーに対して感銘を受け、それになりたいと思ったMさんの感性も面白いと思ってしまう。

 そこからのMさんの行動がまた面白い。受験する大学を決める際、安部アナウンサーをはじめ、アナウンサー名鑑を見て経歴を調べ、他のアナウンサーの出身大学も片っ端から受けた。結果、地元の外国語大学の夜間に入学するも、「メディアとは東なり」という自身の考えから、日中は予備校に通い、翌年、中井美穂や近藤サトを輩出した日本大学芸術学部放送学科へ合格し入学する。
 日大では、新聞記者あがりの教授の講義を受けた。その教授の考えは「記事は脚で書け」であった。その教授の影響を多大に受けたことでMさんは取材記者に興味を持つようになったと言う。本来アナウンサーというものは、アウトプットを専門にするもの。より多くの情報を言葉にして伝えることが仕事である。一方、記者と言うものは「10を聞いて1を書く」と言われており、インプットが仕事であるという。取材して得た情報や知識は大量にインプットされ、その中から発信されるものはほんのわずか。だが、そこに面白さを感じているMさんがいた。
 しかしながら、就職活動の際は、もとの夢であったアナウンサーになるためTV局を受けた。だが受からなかったので就職浪人をした。
 
 その間に、サッカー専門誌に欠員補充の嘱託社員で仕事をすることになった。
実はそこには縁があった。学生時代「尊敬する人に取材をする」と言う課題があり、Mさんは木村和司(元日本代表選手、現在はサッカー解説者)に取材をしたかったので、その専門誌に問い合わせ、取材を実現させた。その時に対応してくれた人が辞めるため、採用されたのがMさんだったのだ。
 ヴィッセル神戸をはじめ、セレッソ大阪、ガンバ大阪の関西クラブ、ヴァンフォーレ甲府やベガルタ仙台など様々なチームを担当し、人脈も広がった。
 しかし、1年ほどで体調を崩し退職、フリーランスとなった。その後Web系の会社に就職するが、しばらくして親の体調が悪くなり、地元に戻ることになった。実家の手伝いをしながら生活し、家業を継ぐことも考え出した時、ライター時代の知人から仕事の依頼が舞い込む。Mさんはサッカー界に戻ることを決めた。

それからも今まで培ってきた人脈が仕事の幅を広げた。
特にヴィッセル神戸とセレッソ大阪に関しては、深い「縁」と「恩」を感じると言う。

そんなMさんの夢は「サッカーのそばで仕事をする」こと。現状、その夢は半分達成されているそうだ。
 さらに「自分の記事を読んで一人でも多くサッカーファンを増やしたい」と言う。今いる選手たちをどうやって注目してもらうか、チーム自体を盛り上げたいと熱く語る。

私は聞いた「香川とか、清武とか、今まで取材してきた海外に行った注目選手を追いたいとは思わないのですか?」

Mさんは答えた「海外の取材は別の人にでも出来る。自分だから出来ることをしたい」と。
 そこには、東京じゃないんだ!海外じゃないんだ!地元を一番に盛り上げたいんだ!と言う、Mさんの負けん気があった。

記者はインプットの仕事だと言うが、アナウンサーになりたかったMさんのアウトプット力が、チームの状況や選手の上辺だけを伝えるのではない「チーム愛」が感じられ、熱の伝わる記事につながっているのではないだろうか。

Mさんは、優しくて、腰が低くて、めちゃめちゃいい人だけど、誰よりも頑固だと私は思っている。
決めたことはやらないと気が済まない、東京や海外には負けたくない、実家は継ぎたくない(これは違う...?)

頑固だからこそ、紆余曲折もしたが、縁をつなぐという強運を味方につけ、Mさんは夢を叶えている。

安部アナウンサーに衝撃を受け、アナウンサーになりたいと思ったMさんの記事を読んで何かを感じ、記者になりたいと思う人も出てくるだろう。ただ、その人が記者になれるかどうかは分からない。


たかしま まりお
スポンサーサイト

挫折知らずの新聞記者

この試みでの一回目の取材対象は、やはり記者さんが良いと思っていました。
日ごろからサッカーの取材で面識のある記者さんと一緒に飲む機会があったので
強引に、かつ、かなり試験的にお願いしてみました。





某新聞社にお勤めのT.Oさん(38)
一般の方なので、念のためイニシャルで。


私が知るOさんの人物像は「新聞記者・東大卒・以前は名古屋勤務」ぐらい。
人となりを知るためには、その人の人生を聞くのがいいだろうと思い、手探りで質問をしていった。


やはり「東大」これは掘り下げたい要素。

Oさんからしてみたら、東大卒と言うことで周りから一目置かれるのは慣れっこで、「東大卒」と言うのは一つの自分の「キャッチコピー」なんだとか。

私は背が高いことで、とりあえず身長が何センチか聞かれたり、「バレーかバスケをしていた」「幼いころに牛乳をたくさん飲んだ」「親の身長も大きい」などの背が高いあるあるをぶつけられたりするのと同じと言われ、妙に納得。※私の身長は176㎝

そんな東大卒という最強のキャッチコピーを持ったOさんは、ご自身で「めっちゃ努力するタイプ」と称する。
中学時代は卓球部に所属し、全国中学校卓球大会に出場。勉強と卓球三昧の中学時代を過ごした。
そして地元の進学校に進学し、卓球も続けた。高校の頃から「東大」を目標に勉強と卓球を両立。しかし、高校3年生の最後の大会まで卓球を続けたため、この年の受験は不合格。一浪してもう一度チャレンジすることに。
この時、落ちてもそこまで落ち込まなかったという。なぜならもう一年やれば受かる自信があったからだ。
落ちたのは勉強時間が足りなかったから。ちゃんと勉強すれば受かる。そう思っていた。

浪人時代、毎日15時間勉強し、TVは全く見ず、週一で決めているオフの日にも特に何をしたと思い出はない。
ノートと参考書が友達。脳みそだけを使う毎日なんて想像できない…

そして翌年、宣言通り、東京大学文学部に合格。

文字にしたらとても簡単なことに感じるが、私にとって1日15時間勉強すること自体、未知の世界。
1日24時間、15時間勉強したら残り9時間、睡眠時間、食事時間を引いたら、1日が終わる。

これって、受験生、浪人生にとっては当たり前?
同じことをやったとして、同じ成果が得られる?
1年後の受験を考えて、常に「自分は合格する・出来る」って信じてモチベーション保てる?

私は、大抵の人が経験した受験の代わりにバレーボールに時間を費やした。
そのことに引け目を感じたことはないが、受験勉強をして、センター試験を受けて、志望校にチャレンジした人には尊敬の念を感じる。自分が持っていないもの、経験していないものを、手に入れている気がするから。

話を戻して、少し飛ぶ。

大学受験の次は、就職試験が訪れる。

Oさんが就職先を選ぶ際、考えたのは「人の役に立ちたい」
でもどうすれば役に立てるか分からない、だからそれが叶いそうな企業を受けてみた。
新聞、ビール、食品、興味がある企業も含めて、受けた。
結果は、新聞・ビール・広告代理店・コンサル会社の4社から内定をもらった。
第1志望は「新聞」だったので、すぐに決めた。もちろんそこが今Oさんが勤める会社だ。

「人の役に立つ」記事を書くために、日々取材する毎日だ。

こんなことを聞いてみた。

-書いた記事が誰かを傷つけたら?

「誠心誠意の対応をするのは当たり前。但し、新聞は特殊なメディアで、毎日更新されていくもの。引きずるのではなく、次に書く原稿をもっとよいものにするために時間を使う」

しっかりした裏付け取材のもと原稿にし、自信を持っているからこそ言えることだと思った。


また、今会いたい人を聞くと、「会いたい人の6割には会えるからいないなぁ」とも。
記者をしていて一番嬉しかったことは、2008年北京オリンピックを始めから終わりまで通しで見られたこと。
北島康介がオリンピックで2大会連続2種目制覇を成し遂げた瞬間を見て、その後本人に囲み取材をした。

記者なら当たり前かもしれないことだが、あの時、あの水泳の会場にいて、北島選手を囲んで取材をした人にしか伝えることのできない情報や空気がある。
Oさんは「人の役に立つ」仕事を新聞と言う特殊なメディアを通して体現している。



どう見ても、Oさんはこれまでの人生で躓くことなく来ている。
自分でも「苦労していない」し「挫折もしたことがない」とも言う。

だがよく考えると、苦労していないのではなく、「無駄な」苦労をしないために、自分を客観的に分析し、計画を立て、準備し、実行しているだけのことではないか。苦労はした方がいいと言うが、不必要な苦労はいらない。
「挫折」も自分の考え方だ。ある人にとっては一世一代の挫折でも、ある人にとっては寝たら忘れるレベルの出来ごとかもしれない。
Oさんはもちろんポジティブなんだろうけど、「冷静」とか「客観的」と言う言葉が似合う。そして「自信家」でもあると思う。


東大出身の人達はその頭の良さから「変わっている」と言われることも多い(…と私は感じている)が、たしかに変わっているかもしれない。
挫折したことがない、とか、苦労していない、ってほとんどの人は言わないし言えない。
もちろん苦労して東大に入った人も大勢いるとは思うが、そこにも何か思考回路の違いが見えてきそうな気がする。


そこは次のネタにするとして、私がOさんに付けたキャッチコピーは

「挫折知らずの新聞記者」

4月で記者16年目を迎える。お酒好きでたまに記憶がなくなることもあるそうだ。
それでもOさんは次の取材対象のために緻密な下調べをして質問をぶつけ、人の役に立つ記事を書き続けるのだろう。

Oさん






今回、行き当たりばったりで、下調べをせず、Oさんの取材をしました。
なので、今記事を書いていますが、足りない部分がめちゃめちゃありました。

Oさんからは「取材力のあるタレントになってください」と激励を頂きました。
また、日々野真理さんを目指せ!とも。

日々野真理さんも会いたい人リストに登録。


会える日を目指して、取材タレントとして、精進していきます!!




たかしままりお

取材ルール


普通に記事を書くだけでなく、自分の中でルールを決めます。
最初の記事でも少し書きましたが、まとめます。


①取材対象は「私が会いたい人」

②取材対象にはキャッチコピーを付け、それをタイトルとする

③私的感情は大いに盛り込む


ルールは随時更新します。

とにかく手探りです。

アドバイスなども頂けたら嬉しいです。


よろしくお願いします。

取材タレントとは

通常のブログは今まで通り、

Mario☆Wor(L)d~キノコを探す旅~

でUPしていきますので、よろしくお願いします。



なぜ、このような形で別のブログを立ち上げたかと言いますと、
30歳をターニングポイントに何か新しいことを、
そして自分自身がやりたいこと、テンションの上がること、

さらに、目指すべき芸能の仕事につながるようなことを始めたいと思っていました。

そんな想いの叶う(かもしれない)ことを考えた結果、


「取材タレント」


というポジションを思いついたのです。


今、ラジオでサッカー番組「GOGO!ヴィッセル神戸」のパーソナリティを務めさせてもらっている中で、
現役のプロサッカー選手や監督、OBに取材する機会があり、
なおかつ、ライターさんや新聞記者、報道の方との交流もさせていただいています。


また、これまでの人生の中で、人間的にも仕事人としても
非常に尊敬の出来る方々にお会いする機会もありました。


そういった環境の中で思うことは、「もっと話が聞きたい」そして「発信したい」ということでした。


自分で取材をして、高島麻利央というフィルターを通して発信する



取材対象は


「私が会いたい人」



有名である人、そうでない人、
プライベートの付き合いの人、仕事上の付き合いの人、

何の垣根も無く、ぶつかっていこうと思います。



やり方は手探りです。
少しずつ、少しずつ、形を作っていきます。


お付き合い、よろしくお願いします。



高島 麻利央
プロフィール

まりお

Author:まりお
「“フリ”ライター」高島まりおです。

気になる方へインタビューし、記事を書いていきます。
その他、面白いこと、楽しいこと、興味あることを中心に、綴っていきます。

月一でインタビューイベントを開催しています!
「フリライターまりおの取材してるふり。」

イベントと記事(ブログ)連動していますので、こちらも是非チェックをお願いします。


目指すは…Sex And The Cityのキャリーブラッドショー!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。